作成日:2019年5月9日
最終更新日: 2019年9月6日

令和元年度 大学等における放射線安全管理研修会』

 

主 催: 大学等放射線施設協議会

日 時: 2019年9月6日(金)
   (協議会 総会: 午前9時45分〜 10時10分)
   (放射線安全管理研修会: 午前10時20分〜 午後4時30分)

場 所: 東京大学 農学部 弥生講堂 一条ホール
     (〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1)
     (東京メトロ南北線「東大前駅」 徒歩1分、 または 千代田線「根津駅」 徒歩8分)

研修会費: 協議会会員 3,000円、非会員 4,000円
       参加費は当日受付にてお支払下さい。

アンケート:法令改正への対応(予防規程改定)に関する情報・意見交換を行う予定です。
その資料といたしたく、予防規程改定に関するアンケートおよび追加アンケートにご回答くだされば幸いです。(終了しました)

参加申し込み:事前参加登録は終了しました。当日、会場で受け付けます。

講演内容あるいは予稿予防規程に関する情報および意見交換 』、『目の水晶体の線量限度引き下げに関する検討内容』、『 放射線障害防止法関係の最近の動向を掲載しました。

 

 

問合せ先
〒113-0032 東京都文京区弥生 2-11-16
 東京大学アイソトープ総合センター内
 大学等放射線施設協議会事務局
FAX:03-5841-3050; TEL:03-5841-3058
電子メール: kyogikai@ric.u-tokyo.ac.jp
[問合せは、電話ではなく電子メールでお願いします]

 



プログラム(2019/9/5現在) ※PDF版はこちら

 

(会場受付)[9:15〜9:45]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
大学等放射線施設協議会令和元年度総会 [9:45〜10:10]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
研 修 会 『 大学等における放射線安全管理研修会 』[10:20〜16:30]
 
[10:20〜11:10]
依頼講演: 『 放射線障害防止法関係の最近の動向
原子力規制庁 長官官房 放射線防護グループ 放射線規制部門 土居亮介
[11:10〜12:00]
予防規程に関する情報および意見交換
予防規程作成マニュアルWG委員長 柴 和弘
 
 
( 昼食休憩 )
 
[13:20〜13:50]
特別講演 :『大学と国研における環境放射能研究の新展開』
筑波大学アイソトープ環境動態研究センター 末木啓介
 
[13:50〜14:20]
『少量核燃料使用における管理・教育について』
大阪大学安全衛生管理部 高橋賢臣
 
( 休憩 )
 
[14:30〜15:00]
目の水晶体の線量限度引き下げに関する検討内容
藤田医科大学 横山須美
 
[15:00〜15:20]
『特殊健康診断のあり方に関するアンケート調査』
公益財団法人原子力安全研究協会 杉浦紳之
 
[15:20〜15:50]大学等放射線施設協議会 活動報告
「女性の線量限度に関するアンケート調査結果」
吉村 崇
「防護措置WG」 報告
防護措置WG委員長 林崎規託
「日本アイソトープ協会版教育訓練英文テキストの監修と公開」
桧垣正吾
「医療関係者のための放射線安全マニュアルの出版」
中島 覚
 
[15:50〜16:30]
第3回森川記念賞授与(優良放射線事業者表彰)と受賞者記念講演

『1.特色ある放射線安全管理の取り組み
 2.特色ある放射線利用の取り組み
 3.特色ある放射線教育の取り組み  を進める優良放射線事業者表彰』       

受賞者記念講演

 
『閉会の辞 』
会長 渡部浩司

 

 

 


過去の全国研修会プログラムへ

ホームへ